トップページ  > 店舗一覧 > 川越店 > 川越店ブログ  > 【コラム】モダンアーキタイプ紹介第3弾 4月21日分 ホビーステーション川越店 川越駅近(クレアモール通りメガネ屋さんの2Fが店舗です)

加盟店 川越店 スタッフブログ

Loading
2017年 04月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カード公式サイトもチェック

※ホビステ以外のサイトにリンクしています

ホビーステーション
川越店

  • 写真1
    〒350-0043
    埼玉県川越市新富町2-7-1 ハラダビル2F
  • 営業時間12:00~21:00
  • 電話049-229-4949
  • 定休日無し
  • 店長井月店長

川越店
イベント・大会情報

イベント・大会開催中! 採用情報

2017.04.21

【コラム】モダンアーキタイプ紹介第3弾 4月21日分 ホビーステーション川越店 川越駅近(クレアモール通りメガネ屋さんの2Fが店舗です)

埼玉県川越市のTCGショップ、ホビーステーション川越店へようこそsun

こんばんは、藤井ですcatface

アモンケット発売が間近となってきましたが、

皆様新しいデッキを考えたりしてますか?

そんな前振りをしておいて、今回もモダンのアーキタイプを紹介します(笑)

スタンも頑張りますが、引き続きモダン推していきますよ!

今回はモダンでも超メジャーなジャンドを初心者の方向けに紹介します。

 

目次

ジャンドってどんなデッキ?

銀河系最強軍団?ジャンドのタレント達

結局問われるのは監督の腕前、ジャンドの難しさ

 

ジャンドってどんなデッキ?

ジャンドとはの三色のカード組んだデッキのことを指します。

赤黒の優秀な除去、緑の強力なクリーチャーを採用する事が出来きる為

サイドボードを含めると大体の相手に対応することが出来る万能なデッキ

というイメージがあります。

一概にジャンドと言っても、クリーチャー戦を重視したものや、除去を

多くとってコントロールに寄せたものなど型がいくつもあるので

採用されるカードの選択肢も広いデッキだと思います。

あと何よりジャンドと言えば「高い」というイメージもありますね。

というわけで次の項目からはジャンドがどれぐらいお高いかについても

参考までに記載しておきます。

 

銀河系最強軍団?ジャンドのタレント達

ここではジャンドの代表格とも言えるカード達を紹介します。

「タルモゴイフ」

タルモ.png

ジャンドのスター選手とも言えるタルモゴイフ。ちょいちょい再録

されているんですが相変わらず1万円ちょいする高額カード。

これを4投するのでこれだけでデッキ1つ組めそうですね。

 

「ヴェールのリリアナ」

リリアナ.png

これまたジャンドのスター選手と言えるリリアナ姐さん。

ハンデス、除去と高スペックな活躍を見せて下さる姐さんだけに

お値段もハイスペック。デッキに3~4投されるこのカードも

1万円前後位の値段が付いてます。

 

「闇の腹心」

闇の腹心.png

ライフを支払ってドローする能力を持つクリーチャー。

支払うライフが不安定ですが、土地が捲れればタダでドローできるなど

息切れ防止の働きをしつつ、パワーが2あるので打点要員としても

働いてくれます。お値段の方はそうですね大体5千円切るくらいですかねー。

 

その他デッキの基盤となる土地やら中堅どころの除去など結構良い

お値段のものがデッキのリストに連なっているので、

カード名とショップの値段を照らし合わせてみると面白いかもしれませんね。

囲い.png地下墓地.png

思考囲いや新緑の地下墓地なども良く採用されるカード

なんだかんだでデッキ組むのに概算で15万位は掛かるのでは.........。

 

結局問われるのは監督の腕前、ジャンドの難しさ

さて、こんなにお高いカードを並べてデッキを組んで勝てるかと言うと

そうでもなくて、良く「どんなデッキにも5分の勝負ができる」という

お話を聞きます。つまり監督(プレイヤー)の判断が的確でないと

いくら銀河系のスタッフが揃っていてもゲームに勝てないという事に

なります。

パワーカードの塊のようなデッキになりますが、

モダンはパワーカードを叩きつけて勝てるような甘い環境ではないので、

十分な経験値とプレイングスキルが無いうちは

支払った金額に見合う戦果はあげてくれないでしょう。

というわけで結論として、メジャーなデッキではありますが

私個人の意見としては初心者の方にはあまりお勧めしないです。

すぐに勝てなくても同じデッキでプレイングを磨いていけるという

気構えがある方なら話は変わってきますがね。

 

さて、普段はコスパの良いデッキや

MTGは思ってる程高くないですよ

という内容の記事を書く事が多いのですが、

今回はMTGが高いと言わるのも分かるよね

という記事を書いてみました。

それでもタルモやヴェールのリリアナなどプレイヤーをやっていると

憧れてしまうカードではあるので、資金に余裕がある方は手にとって

みるのも良いかもしれませんね!

再録されても思った以上に値崩れしてないというのも

魅力の一部かもしれません。

 

では今日はこの辺で~ノシノシ

【関連記事】

モダンデッキアーキタイプ紹介第2弾

モダンデッキアーキタイプ紹介

 

 

 

 

 

日時:2017.04.21 21:38 | 投稿者:川越店 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

コメント(0)

コメントを投稿

 

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hbst.net/cgi-bin/mt5/mt-tb.cgi/58195