トップページ  > 店舗一覧 > 川越店 > 川越店ブログ  > 【コラム】春からTCGを始めた貴方へ。川越スタッフデッキ構築の話 4月14日分 ホビーステーション川越店 川越駅近(クレアモール通りメガネ屋さんの2Fが店舗です)

加盟店 川越店 スタッフブログ

Loading
2017年 04月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カード公式サイトもチェック

※ホビステ以外のサイトにリンクしています

ホビーステーション
川越店

  • 写真1
    〒350-0043
    埼玉県川越市新富町2-7-1 ハラダビル2F
  • 営業時間12:00~21:00
  • 電話049-229-4949
  • 定休日無し
  • 店長井月店長

川越店
イベント・大会情報

イベント・大会開催中! 採用情報

2017.04.14

【コラム】春からTCGを始めた貴方へ。川越スタッフデッキ構築の話 4月14日分 ホビーステーション川越店 川越駅近(クレアモール通りメガネ屋さんの2Fが店舗です)

埼玉県川越市のTCGショップ、ホビーステーション川越店へようこそsun

こんばんは、藤井ですcatface

突然ですが、皆さんデッキってどうやって組んでますか?

やり方は千差万別、人それぞれだと思うのですが、

TCGを始めたばかりの方は

デッキを組むというのが案外難しいのではないでしょうか?

 

というような話を常連のお客様とこの間話したので、

今回は2回に分けて私と晴れ男氏の

デッキの組み方を紹介したいと思います。

まあ前述したように人それぞれのやり方があるので、あくまで紹介となります。

今回はワタクシ藤井のデッキの組み方を紹介。

この春TCGを始めたという方は

チュートリアルのザコボス藤井はこんな風にデッキ組んでいるのかー

という程度に眺めて下さい(笑)

 

目次

デッキの核となるカードを選ぼう

シナジーのあるカードを探してみよう

机上の空論?一人回しは最強!

 

デッキの核となるカードを選ぼう

私の場合デッキを作る時はデッキの核となるカードを決めてしまいます。

デッキの核と言ったらかなり重要なパーツというような感じを受けますが

単純に「気に入ったカード」が私の場合デッキの核となります。

MTGで例を挙げると、今使っているデッキは

霊気紛争のスポイラーで「巻きつき蛇」を見たときに

「これを使おう」

とピピッと来たのが始まりで組んでみたという感じです。

巻きつき.png

まあコンストリクターなんてアーキタイプ名が付くなんて

当初は思って無かったですけどねー。

 

シナジーのあるカードを探してみよう

核になるカードが決まったら其のカードと相性の良いカードを

探していきます。前述した巻きつき蛇の場合

「カウンターを乗せる能力を持ったカード」

「カウンターをプレイヤーに与えてくれるカード」

が相性が良いので

カードプールのリストからそういった能力が無いか探してみます。

0414ブログ.png

大体こんな感じのカードが最初に候補として出てきましたね。

あとはカードのコストや、直接シナジーが無くても必要なカード(防御用のカードなど)

の兼ね合いから採用するカードの取捨選択、採用枚数を決めていくという流れになります。

(結局枠が足りなくてたかり猫猿とかは不採用になりましたね)

 

机上の空論?一人回しは最強!

さてデッキの試作品が出来たら、試し運転が必要となるのですが

良くやりがちな「一人回し」は個人的にはあまりオススメしません。

理由としては単純で

「どうしても都合のよい盤面を想定してしまうから」です。

私も一人回しでデッキの試し運転をしますが、

毎回「最悪の状況」を想定して回す事になるので、

あまり有用なデータはとれないと思います。

また一人回しで鬼のように回ったのに実戦では全然回らないorz

という話は良くあるので、デッキを組んだらスパーリング相手を探して

なるべく実戦形式で微調整を繰り返していく事をオススメします。

近所にショップがあるならそこを訪ねてみると良いですね。

川越店に来ていただいた場合は、同じTCGをやってる方を

紹介するか、時間があればスタッフがお相手しますので

お気軽にどうぞ!
 

というわけでまとめとして

1デッキの核(ピピッと来たカード)を決める

2シナジーのあるカードを探す

3CPUではなく対人で試運転して調整する

 

この3STEPで私はデッキを組んでいます。

今回はMTGを例に挙げてみましたが

他のタイトルのデッキを組む際もこの流れで組んでいます。

 

あとは環境を読んで、流行っているデッキと勝負になるかという

点もデッキを構築する上では必要な要素となりますが、

とりあえず楽しく遊ぶという段階であればそこまで考えなくても

良いと思います。

 

以上になります。

 

ご清聴ありがとうございました。

日時:2017.04.14 21:34 | 投稿者:川越店 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

コメント(0)

コメントを投稿

 

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hbst.net/cgi-bin/mt5/mt-tb.cgi/58128