トップページ  > 店舗一覧 > 川越店 > 川越店ブログ  > Z/Xってどんなゲーム?(クレアモール通りメガネ屋さんの2Fが店舗です)

加盟店 川越店 スタッフブログ

Loading
2018年 07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カード公式サイトもチェック

※ホビステ以外のサイトにリンクしています

ホビーステーション
川越店

  • 写真1
    〒350-0043
    埼玉県川越市新富町2-7-1 ハラダビル2F
  • 営業時間12:00~21:00
  • 電話049-229-4949
  • 定休日無し
  • 店長井月店長

川越店
イベント・大会情報

イベント・大会開催中! 採用情報

2018.07.08

Z/Xってどんなゲーム?(クレアモール通りメガネ屋さんの2Fが店舗です)

埼玉県川越市のTCGショップ、ホビーステーション川越店へようこそ。

こんばんは藤井です。

先月は「嫁ドラ」、今月は「明日に輝く絆」発売と

新弾が続々と登場のZ/X。

最近では新規の方や復帰の方の姿も散見されています。

 

というわけで今回は

「Z/X興味あるんだけど」という方や

「復帰してみようかな」と思っている方用に

どんなゲームか簡単に紹介したいと思います。

 

Z/Xってどんなゲーム?

昔と何が変わったの?Z/Xのあれこれ

 

・Z/Xってどんなゲーム?

とりあえず全くZ/Xに触れた事のない方用に

超絶ざっくりどんなゲームか紹介します。

※説明し易いように用語の使い方が若干正確でないので

予めご了承ください

 

Z/Xが他のカードゲームと違うところは何と言っても

フィールドが9面のマスしかないというところです。

9面フィールド.png

9面のうち2面(黄色いマス)は

「プレイヤースクエア」と呼ばれ自分と相手に

それぞれ1面ずつ割り当てられてます。

本陣みたいな感じですね。

ここにプレイヤーカードを設置してゲームを開始します。

F26-018_m.pngF14-016_m.png

※お気に入りのプレイヤーカードを使いましょう!

残りの7面はノーマルスクエアと呼ばれます。

基本的にこのゲームは空いている状態の相手の本陣を

4回攻撃すれば勝ちというルールとなっています。

基本的にプレイヤースクエアには守りのユニット(ゼクス)を

配置しておくのですが、そのユニットを破壊し、

相手の本陣を攻撃するというようなイメージですね。

さて面が9ありうち1面は相手の本陣なので、

自軍のユニットを配置できるのは8面という形になります。

MTGのように無限にユニットを横に並べることが出来ないので、

限られた面に有効にユニットを展開し、相手の本陣を攻める為の

思考を求められます。

またMTGのスタックや遊戯王のチェーンほど難しくはないですが

相手ターンにも能力やイベントを使用する事ができるので、

相手ターン中の思考も求められます。

展開する順番によって戦局が大分変るので、いかに効率的に攻めるか

思考する点がこのゲームの最大の楽しみではないでしょうか。

まあ超絶ざっくりまとめると

9マスのフィールドで行われる陣取りゲームという

イメージですかね。

 

・昔と何が変わったの?Z/Xのあれこれ

ここからは15弾前に離れてしまい復帰を考えている方に

フォーカスして記載します。

16弾でシステムの追加がかなりあったので

このあたりで一度辞めてしまったという方結構いるのでは

ないでしょうか。

16弾から24弾までで大きく追加されたのは下記2点

正直文字で説明するのに限界があるので、

こちらも超絶ざっくり紹介します。

○サイドデッキ「デュナミス」の登場

さて復帰勢の方でまず驚くのが

「サイドデッキ」の登場です。

16弾以降の環境では「デュナミス」というサイドデッキが搭載されました。

枚数は10枚+4枚(後述のオーバーブースト)で構成され、

「ディンギル」「ウェイカー」という2種類の種族が存在します。

B16-105_m.pngB18-017-01_m.png

※左のイシュタルがディンギル、右のアーサーがウェイカー

の例になります。フレームが違う点に注目

超端的に違いを説明すると、

自軍のユニットをコストにしてプレイするのがディンギル、

リソース払ってプレイするのがウェイカーです。

またこのディンギルやウェイカーの使用頻度によって効果を発動する

ディンギルLvやウェイカーLvという表記が書いてあるゼクスが

増えています。

 

○オーバーブーストの登場

本陣にセットしているプレイヤーカードがゼクス化するようになりました。

上部と下部二枚のカードをくっつけることでプレイヤーがゼクスとして

盤面で闘うことができます。ゲーム開始前に下部のカードを1種類

プレイヤーカードの裏に予めセットし、対応するイベントカードを使用することで

デュナミスにある上部カードと合体という感じです。

B24-095_m.png

※画像はあずみのオーバーブースト。

テキストとパワーが書いてある下部のカードを

予めプレイヤーカードの裏にセットしておく感じです。

(スリーブ必須ですね)

メリットとしては単体でもパワーが高く、相手の能力の対象にならない

「絶界」が付いているなどユニットとして優秀なだけでなく

プレイヤーが本陣から動く⇒本陣が空っぽなので攻撃されても誰もいない

ので、オーバーブースト状態のユニットをコントロールしている状態だと

プレイヤーはダメージを受けません。

というようなシステムが追加されました。

ただデッキにイベントカードを入れないといけないというデメリットが

あるので、必ずしも採用しなければいけないというわけではないです。

 

物凄くざっくり書きましたが、大体こんな感じです(たぶん)

実際どんなもんか実物を触りながらプレイヤーの方に説明されると

簡単に理解できるので、興味ある方は是非公式イベントのゼクスタに

参加するのがお勧めです。

 

川越店では毎週月曜日18時半から開催してますので

興味がある方は参加もしくは見学しに来て下さい。

有志の方が提供してくれた貸し出しデッキもありますので

お気軽に!

では今日はこの辺で~。

日時:2018.07.08 19:54 | 投稿者:川越店 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

コメント(0)

コメントを投稿

 

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hbst.net/cgi-bin/mt5/mt-tb.cgi/61748