トップページ  > 店舗一覧 > 岡山店 > 岡山店ブログ  > カバレージ 第1回デュエマCS 決勝トーナメント 準決勝

直営店 岡山店 スタッフブログ

Loading
2017年 12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Tag cloud

カード公式サイトもチェック

※ホビステ以外のサイトにリンクしています

ホビーステーション
岡山店

  • 写真1
    〒703-8221
    岡山県岡山市中区長岡601-1
  • 営業時間12:00~21:00(土日祝 10:00~21:00)
  • 電話086-279-6351
  • FAX086-279-6351
  • 定休日無し
  • 店長光田店長

岡山店
イベント・大会情報

イベント・大会開催中! 採用情報

2017.12.04

カバレージ 第1回デュエマCS 決勝トーナメント 準決勝

準決勝に進出した「がる」と「うにぞん」は今大会の環境を象徴する2デッキ……緑白メタリカとモルトNEXTの対決となった。

予選でも支配的な強さを見せる2デッキだが、今ここで残っている2タイプはこの二人のみ。勝利の女神はどちらに微笑むか。

ROUND1

1戦目は「うにぞん」の先攻だが、先に動いたのは「がる」。

《一番隊 クリスタ》を出し、ターンエンド。

続いて「うにぞん」も《フェアリーの火の子祭》を撃ってブーストを行うが、メタリカの高速展開の前では少し遅いか。

後攻3ターン目、《一番隊 クリスタ》《龍装者 バーナイン》と動き「詰めよ」の状態をいとも簡単に作って見せるがる。

ここで相手にダイレクトアタックを決めなければ恐らく負ける……しかし準決勝まで来たプレイヤーはそうやすやすと攻略はさせてもらえない。

《蒼き団長 ドギラゴン剣》をタップし、1マナ。殿堂カード、《フェアリー・ギフト》だ!

それに次いで出てくるのは勿論と言わんばかりの《超戦龍覇 モルトNEXT》。龍マナ武装も達成し、お馴染み《闘将銀河城 ハートバーン》とのコンボでワンショットを狙いに行く。

《超戦龍覇 モルトNEXT》の1回目の攻撃。ここでは何もなし。

《闘将銀河城 ハートバーン》が龍解し、《超戦覇龍 ガイNEXT》に。《超戦覇龍 ガイNEXT》の攻撃は通るが……《攻守の天秤》が待ったをかけた。

あえなく《超戦龍覇 モルトNEXT》はタップされ、返しの「がる」のターンで《ベイB ジャック》と追加の《龍装者 バーナイン》が出たところで「うにぞん」が投了を宣言。

まずはメタリカを操るがるが勝負を制した。

がる 1 - 0 うにぞん

ROUND2

引き続き「うにぞん」が先攻。しかし「うにぞん」の動きはまたもや芳しくなく、3ターン目までノーアクションが続く。

「がる」はその間に《デスマッチ・ビートル》《ベイB ジャック》《奇石 マクーロ》を展開し着実に盤面を作っていくが、またもや「うにぞん」が《無双竜鬼ミツルギブースト》1枚のみをタップする。

そう、《フェアリー・ギフト》だ。そしてその対象は同じく殿堂カード《メガ・マナロック・ドラゴン》。

《Forbidden Star~世界最後の日~》の効果で1111以下破壊を選択、《奇石 マクーロ》を破壊し、さらにマナ2枚を縛ってターンを返す。

マナが縛られ十分に動けないため、がるは手札を回すために《ジャスト・ラビリンス》を撃って1ドローするだけにとどまる。

「うにぞん」はこの返しのターン、《無双竜鬼ミツルギブースト》を出して《ベイB ジャック》を破壊。

「がる」は少し考えたのち、《ベイB ジャック》と《赤攻銀 マルハヴァン》を出し、うにぞんの重量級ドラゴンにそなえる。

《メガ・マナロック・ドラゴン》の登場によりうにぞんに有利が傾きかけているが、勝機を逃さまいとバトルゾーンに出したのは《リュウセイ・ジ・アース》。

長考の末、《Forbidden Star~世界最後の日~》の効果はスレイヤーを《リュウセイ・ジ・アース》に付与、寝ている《デスマッチ・ビートル》を攻撃することだった。

「がる」は悩みながらもこれを通し、続く《メガ・マナロック・ドラゴン》の《ベイB ジャック》へのアタックも通し、「がる」の盤面は《赤攻銀 マルハヴァン》のみと一気に心細くなる。

しかし十分なリソースが得られないがるはドローしたカードを手札に温存するのみ。

そして緑白メタリカ最大の天敵《伝説のレジェンド ドギラゴン》がバトルゾーンに降臨。

ついに「がる」の盤面はゼロになり、反撃の芽を完全に摘み取られてしまった。

勝機を失った「がる」はこの時点で投了を宣言。勝負は3本目へともつれ込んだ。

がる 1 - 1 うにぞん

ROUND3

手番は入れ替わり、3戦目にして「がる」の先攻がやってくる。

《一番隊 クリスタ》→《龍装者 バーナイン》と理想的な滑り出しに対し、「うにぞん」は《フェアリーの火の子祭》と1戦目の手番が入れ替わっただけで同じような光景を見ることとなる。

しかし、この先攻後攻が入れ替わっただけ、というのは「だけ」という言葉に収まらない。

それは緑白メタリカが一歩早く展開を行うことができるということを意味し、ゲーム上では大変重要な意味を持つ。

ブーストを見てから、「がる」は更なる展開を始める。

《一番隊 クリスタ》《龍装者 バーナイン》の2枚目が盤面に着地し「うにぞん 」の首元に再度、静かに刃が置かれる。

三度目の《フェアリー・ギフト》……とはならず、《フェアリーの火の子祭》を再度プレイする「うにぞん」。

「がる」の展開を邪魔するものは何もない。そして、デッキを回すための下準備は十二分と言ってもいいだろう。

《未来設計図》から《緑知銀 フェイウォン》をサーチ、《緑知銀 フェイウォン》を出して2ドロー。

そして満足気に出したのは《ベイB ジャック》。しばらく展開を見つめた後、このターンで負けることを悟った「うにぞん」は投了を宣言した。

がる 2 - 1 うにぞん

互いが互いをしっかり知っている。無用な期待もせず、次に切り替える。
 
玄人同士の静かな戦いは、終始冷静を保ったまま終わりを告げた。

日時:2017.12.04 12:19 | 投稿者:岡山店 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

コメント(0)

コメントを投稿

 

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hbst.net/cgi-bin/mt5/mt-tb.cgi/60469