トップページ  > 店舗一覧 > 大須万松寺通店 > 大須万松寺通店ブログ  > 2020年1月

直営店 大須万松寺通店 スタッフブログ 2020年1月の記事

Loading
2020年 01月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

Tag cloud

カード公式サイトもチェック

※ホビステ以外のサイトにリンクしています

ホビーステーション
大須万松寺通店

  • 〒460-0011
    愛知県名古屋市中区大須3丁目31番2号マルフジビル1・2F
  • 営業時間11:00~21:00
  • 電話052-228-0322
  • FAX052-228-0322
  • 定休日無し
  • 店長池田店長

大須万松寺通店
イベント・大会情報

イベント・大会開催中! 採用情報

2020.01.22

メラルバ石川日記~最近遊戯王のことばっか書いてるけどええやん篇~

皆さんこんにちは!!またはこんばんは!!
 
なんだかんだ、ブログの記事というか日記が50回くらいになってた広報担当メラルバ石川です!!(そんなに書いてるんかコイツ...って感じ)
 
さて今回は、何について書いていこうかな?
 
今月愛知で遊戯王の大きめのイベントがあるのでそこで使われそうなデッキを考えて見ようと思います!!
 
まずは絶対使用率ナンバー1を誇っていそうなコイツ!!
 
超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ
 
超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ ウルトラ.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
絶対コイツ一番使われるよ言い切れるもん(絶対みんな思ってること)
 
ドラグーンビートとか、召喚師ドラグーンとか…
 
アナコンダとつるむと厄介な事しかせんなおまん…
 
しかも、ピン差しでブラマジと真紅眼と真紅眼の融合さしてる構築もあって本当になんなん?
 
ということで、出張性能も高いコヤツほんまにどうにかせなあかん!!
 
壊獣とかサタンクロースとかでリリースさせるかアストラムでバウンスさせるかになってきそうです…
 
海亀壊獣ガメシエル.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
サタンクロース.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それか自分もドラグーン・オブ・レッドアイズを使うか…
 
その他には、アナコンダの特殊召喚に対して神の通告などで特殊召喚を無効にして融合召喚されないようにするか、効果発動を神の忠告等で無効にするかが必要になってきそうですね。
 
どちらにせよ神の○○系を使うとなるとライフ管理しないと自滅する場合もあり得るので気をつけなきゃですね。
 
お次は…
 
召喚師アレイスターと愉快な仲間たち
 
召喚師アレイスター.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アレイスター単体というかもう召喚獣たちなんですけどね。
 
いやドラグーンのお供やん!!
 
そう思った?そうなんだよ!!キングオブ優秀って感じ。
 
むしろ盤面にメルカバーとドラグーンが立ったら最大3回も効果発動無効にしてくるから対面からしたら相当厄介な状況に陥るよ。
 
それ以外にもカリギュラでモンスター効果発動をターン1に制限してドラグーンで安定して無効化し続けたりもできるためやりたい放題って感じですね。
 
次は…
 
オルフェゴール
 
オルフェゴール・ガラテアスーパー.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらは、規制の波に飲まれてるけどそれでも不屈の闘志で上位を逃さない奴ら!!
 
特殊召喚や回収手段も豊富で小回りがきく便利な奴らですね!!
 
とくにバベルを張られると相手のターンでもオルフェゴールモンスターの効果が発動できるようになり、ディヴェルから宵星の機神が出てきて盤メンを妨害し始めたりするので気をつけたいところです。
 
 
魔術師Em
 
EM天空の魔術師.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エンディミオンか魔術師かで悩みましたが今回は魔術師が少し危ないなぁと感じたので魔術師を上げてみました。
 
というのも最近の傾向で魔術師の入賞数が段々と増えているからですね。
 
もちろんエンディミオンが弱くなった訳ではなくシンプルなEXデッキの拡張性が高いのが理由だと思います。
 
魔術師たちは、昨今のような『このターン○○(種族、属性、種類、テーマ)しか出せない』という制約がなく融合もシンクロもエクシーズもリンクもやりたい放題なテーマです。
 
さらに、P召喚のおかげで上級モンスターも簡単に並べられるためEXモンスターが増えれば増えるほど力をつけていくのです。
 
なのでさっきから何回も出てる、ドラグーンやアハシマによるエクシーズ召喚、アナコンダによる融合召喚、ハリファイバーによるシンクロ召喚をEXデッキに吸収していくのです。
 
確かに他のデッキでもできるくね?ってなりますが他のテーマは全召喚方法を網羅してるテーマは少ないためその分魔術師はそれにより様々な攻め方がEXデッキからできるので読まれ辛い点が大きいです。
 
まぁメインデッキは相変わらずの面々が揃っているので、魔術師慣れしてる人からしたらどこで止めればいいかわかってるため気をつけたいところですね。
 
真打
 
インフェルノイド
 
インフェルノイド・リリス.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ちょっと特殊なテーマのこちら、モンスターをリリースしたり除外すると起動する効果を持っているこちらのテーマ。
 
前環境からたまに入賞してたり優勝してたりするこちらのテーマ!!
 
シャドウディストピアで、相手のモンスターをリリースできるようになり相手のキーカードやエースカードを処理しつつ自身は大型インフェルノイドを立てるといった動きをします!!
 
さらにインフェルノイド関連の魔法罠『煉獄』が優秀なカードばかりでインフェルノイドをサポートしてくれます!!
 
また今回でご紹介する中で唯一ドラグーンオブレッドアイズを採用していません!!
 
まさかこのご時世にドラグーンを採用してないの!?ってなっていますがそれがいいそれでいい!!
 
私はそんなインフェルノイドを応援したいです!!
 
メラルバ石川超推しのこちら!!
 
紅蓮魔獣 ダ・イーザ
 
紅蓮魔獣 ダ・イーザ.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはメタビートしていきながら高打点をたたき出して殴っていくテーマ!!
 
インスペクト・ボーダーやライオウ、叢雲などと組み合わせたメタビートデッキが主流です。
 
しかしこちらは、メインデッキの拡張性が高いのが押しポイントですね!!
 
壊獣やネメシスなどと組み合わせて戦ってみるのも面白そうです。
 
除外ゾーンにカードが増えればいいので、不知火やサンダードラゴンなどと組み合わせることもできそうちゃできそう...
 
しかも、強金の壺や強貪の壺なんかとも相性が抜群によろしいので必須パーツといっても過言ではありません!!
 
そのため、マクロコスモスや次元の裂け目などの王道除外パーツが入らないこともしばしあります。
 
そのほか、基本的にカードをサーチしたり大量に特殊召喚しないため手札誘発の灰流うららや増殖するGなどをがあまり怖くないのも魅力の一つと言えます。
 
一番厄介なのはみんな大好きエフェクト・ヴェーラーでしょうか。
 
まぁそんな時は、抹殺の指名者で封殺しちゃえば問題なしですね!!
 
また、除外ゾーンにダ・イーザを始めとする主力モンスターが送られたとしてもこのカードがあれば大丈夫!!
 
『竜嵐還帰』
 
竜嵐還帰.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらのカードは除外ゾーンにいるモンスターを特殊召喚できターンエンド後に特殊召喚したモンスターを手札に戻す事ができます。
 
様々な形でやってくるダ・イーザデッキ!!
 
なにをされるか全く予想がつかないので注意したいところですね!!
 
 
以上今回はこれまで!!
 
次回の更新をお楽しみに!!
日時:2020.01.22 12:38 | 投稿者:大須万松寺通店 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

2020.01.11

【WIXOSS世界大会予選】第回12あーや杯

◇はじめに
本大会では優勝者・準優勝者の2名に2020年3月頃に開催予定の世界大会本戦出場権利が与えられます。
ただし、予選の参加人数が7名以下だった場合は、本戦出場権利は発生しません。
世界大会出場権利を持っている方でも、予選に出場は可能です。
2回以上優勝しても権利の繰り下がりは発生しません。
キャンセルの連絡は前日20時までにお願いします。

◇日時
2月24日(月・祝)12:00~
※大会受付は11:30より行います。

当日受付の時間帯に関しましては別途、当日ご案内致します


◇会場
ホビーステーション大須万松寺通店
460-0011
名古屋市中区大須3-31-2 マルフジビル1・2F
(電話番号:052-242-5252)

◇参加費 1000円

◇レギュレーション
キーセレクション 1試合40分(決勝のみ45分)1本先取

◇定員 32(事前受付募集枠32名)

◇大会形式
予選リーグ スイスドロー形式5ラウンド
決勝トーナメント 予選リーグ上位16名によるトーナメント形式

※WIXOSS CEREMONY開催規定に合わせ当日参加人数で変動あり

◇参加賞
ウェディングルリグ1枚
当日使えるシングルカード商品券
ランダム賞としてウェディングルリグ(コングラ仕様)など

◇上位賞(暫定)
・優勝
シングルチケット5000円分
世界大会本戦出場権
ウェディングルリグ(コングラ仕様)2種からお好きなものを1枚
記念プレイマット


・準優勝
世界大会本戦出場権
ウェディングルリグ(コングラ仕様)2種のうち優勝者が選ばなかったものを1枚
記念プレイマット
その他副賞

・3位
記念プレイマット
その他副賞


◇事前受付
イザジン該当ページにて受付開始!
店頭、お電話での受け付けはございません。
事前受付で32席満数となった場合、キャンセル待ちとなります。
定員満員の場合、開催日前日の21時時点で参加確定となっていないお客様は全員キャンセル扱いとなります。
当日枠は当日キャンセルのあった枠から抽選で行います。
11:45頃、当日参加希望者の受付を行いますので会場までよろしくお願い致します。



◇時間切れ
・予選リーグ
制限時間が終了した時点で、いずれかのプレイヤーがアタックフェイズを進行していない場合、その時点でゲーム終了となり
両者敗北とする。アタックフェイズを進行している場合、そのアタックフェイズが終了した時点で決着が付かなければ
ゲーム終了となり、引き分け(得点0点)とする。
・決勝トーナメントの場合
制限時間が終了した場合、追加3ターン(今行っているターンを0ターン目とする)を行い
決着がつかない場合はゲーム終了となり、じゃんけんにより勝敗を決定する。
・制限時間終了時点から15分以内にスコアシートの提出が行われない場合、最後までプレイしていた両プレイヤーに『スロープレイによる警告』が出ます。
・必ず両者に出ますので、予めご了承ください。お互いに注意して素早く適切なプレイを心がけください。
・円滑なゲームと大会進行の為に皆様のご理解とご協力の程を宜しくお願い致します。

◇デッキリスト
・参加者全員のデッキリストの提出を必須とする。
※受付後のデッキリストの変更は原則不可
・大会受付時点でデッキリストを回収致しますので、前日にご自宅でご用意ください。
・受付時点でデッキリストをお持ちでないお客様は参加をお断りする場合がございます。


◇罰則について
・当大会運営中、ジャッジの判断で、『注意』、『警告』、『スロープレイによる警告』、『ゲームロス』、『失格』等の罰則を出す場合が御座います。
・『注意』が2つで警告へ繰り上がりとなります。
・『警告』が2つでゲームロスへ繰り上がりとなります。
・『スロープレイによる警告』が2つでゲームロスへ繰り上がりとなります。上記『警告』とは別にカウント致します。
・『失格』即座に当大会から退場して頂きます。賞品を貰う権利を失います。

◇その他ルール
・効果の発動、フェイズ移行はしっかりと宣言し、相手の同意を得たうえで進めてください。
・効果の発動、フェイズ移行が正しく行われていない、ルールで不明点があった場合はゲームの進行を一度止め、その場の状況を維持したままゲーム中にジャッジにお声かけください。
・対戦中のゲームに対戦者以外、第三者方の介入(助言、ドローを見て騒ぐ等)を禁止致します。違反された場合、観戦
者、プレイヤーともに重い罰則を適用致します。
・観戦者はルール上あり得ない行為やイカサマ行為を見つけた場合、ジャッジを呼ぶことが出来ます。その際、プレイヤーに直接声をかけず、ジャッジを呼んでください。
・結果報告は所定のスコアシートに記入ミスが無いようお互いに確認しながら正確に記入してください。
・スコアシート提出後の内容の変更は原則認められませんのでお気を付け下さい。
・大会中ランダムにデッキチェックを行う場合が御座います。
・大会中の会場撮影・終了後のレシピ掲載なども大会の一貫として行います。
・盗難等には十分注意してください。会場内で事件・事故が起こったとしても一切の責任を負いません。
・如何なる不利益や不都合を被った場合でも、当日の参加費や交通費の返還、それに類する要求を受け付けません。
・大会の運営・開催に重大な支障をきたす行為をされうる方の参加をお断りさせていただく場合が御座います。
・やむを終えない事情で大会の中止や大幅な形式変更等が行われる場合が御座います。
・全ての大会参加者は当ページ記載内容に全て承諾した者として受付させて頂きます。

◇観戦について
・観戦は可能ですが、携帯等でメモを取って対戦相手の情報を収集することは、フェアプレーに反するため禁止します。
・見つけ次第、又は報告が入り次第退場処分を下します。
・携帯を見ながら卓の間を歩き回る等、疑われうる行為は控えていただくようお願い致します。
・観戦のみのご来場も可能ですが、大会進行の妨げにならないようにお願い致します。
・あくまで観戦の範囲を越えないようお願いいたします。
・不戦勝のプレイヤー、決勝トーナメント進出を決めたプレイヤーは一部観戦を禁止する時間帯がある場合が御座います。
・ご理解ご協力の程宜しくお願い致します。

日時:2020.01.11 19:21 | 投稿者:大須万松寺通店 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

2020.01.11

メラルバ石川日記~新時代の幕開け編~

皆さんこんにちは!!またはこんばんは!!
 
最近神獣広報担当メラルバ石川です!!
 
さぁ今回は前回から言っていた制限解除組と4月からの新マスタールールについてと、活躍しそうなテーマをいくつかピックアップしてみようと思います!!
 
では、まずは無制限カードたちから!!
 
《E・HERO シャドー・ミスト》
 
E・HEROシャドーミスト.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
つつつついに!!!
 
シャドミが3枚積める!!
 
まぁ正直HERO多過ぎだから3枚入れることもあんまりなさそう…
 
しかし、HEROもほぼフルパワーに近いのでHERO使いが増えてくれると嬉しいなぁ。
 
E・HEROだけで組みたい方なんかには滅茶苦茶うれしいですよね私はとてもとても嬉しい。
 
お次は
 
《召喚獣メルカバー》
 
召喚獣メルカバー.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ターン1で相手が発動したカード効果と同じ種類のカードを1枚手札から墓地に送る事で発動を無効にして除外するという効果を持っています!!
 
優秀な効果持ちで、名称ターン1ではないので複数体いると何回か手札を消費しつつですが無効&除外ができるのはかなり強いですね。
 
最近の使用率も10%とどっかのドラグーンと手を組んで盤面で3回は相手のカード効果発動を無効化できる状況を作るとかやりやがります。
 
まじで、なぜこのタイミングで無制限にしてしまったんや!!
 
まぁ、召喚獣じたい連続で現段階では出しまくれる状態ではないので大丈夫そうですが4月からの新マスタールールではどうなる事やら…って感じですね。
 
次回のリミレギュでドラグーンはどうなるんでしょうね。
 
《妨げられた壊獣の眠り》
 
妨げられた壊獣の眠り.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
盤面のモンスター全破壊して壊獣モンスターを効果無効で互いのフィールドに特殊召喚でき殴れるのであれば殴らなければいけない盤面にできます。
 
また墓地にあるこのカードは除外することでデッキから壊獣モンスターを1枚サーチできる効果も含んでいるのです!!まぁ墓地に落ちたターンは使用できないんですけどね。
 
壊獣をtouchで入れてるデッキにはとてもありがたいのでは?
 
うーん壊獣叢雲ダ・イーザとか良き良きなのかな。(叢雲ダ・イーザに限った話ではないけども)
 
ドラグーンのためにデッキに壊獣入れてる人も少なくはないと思うので挿しておくと良いことあるかも!!
 
《竜呼相打つ》
 
竜呼相打つ.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
竜剣士Pモンスター1枚と竜魔王Pモンスター1枚選んで相手に選ばせ選ばれた方をPゾーンセットかフィールドに特殊召喚することができ、選ばれなかった方をEXデッキに表側で置くことができます。
 
最近ね、竜剣士と竜魔王入りの魔術師デッキ組んだんだけどねこれほんとに強い無限に強いと思う。
 
アドバンテージしか書いてないもん。
 
しかも、Pゾーンかフィールドを選べるのは優秀過ぎる。
 
《名推理》
 
名推理.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
言わずと知れたこのカード。
 
いっぱい墓地に落としたかったのに宣言したレベルを1枚目でめくった時のあの寒い感じ。うーん辛いね(インフェルノイドなど)
 
でも普通のデッキ等にも採用できる優秀なカードです。
 
3枚になったからって3枚入れるひともあまりいなさそうだけども。
 
規制する理由もないので解除されたんでしょうな。
 
《連鎖爆撃》
 
連鎖爆撃.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
何このカードと思ったでしょ?私も思った。(長い間遊戯王をやってる人には懐かしいカードかと)
 
でもこのカードの歴史をみるとすごい面白かったんですよ!!
 
なんとこのカード2017年大会の優勝者がチェーンバーンデッキに使用していたんです。
 
当時の環境は、真竜や恐竜竜星、ABCといったデッキが主流だったにもかかわらずこのデッキが優勝したんです!!
 
このカード1枚がめちゃくちゃ強いとかそういうわけではないんだけど、このカードに間違いなく語り継がれるだろう歴史を刻んだこの一連の流れにすごい奥深さを感じてしまいました。
 
でもやっぱり普通に使うには一癖も二癖もあるこのカードまた新たな歴史が刻まれる日はくるのでしょうか。
 
楽しみですね。
 
以上6枚が今回の制限解除カードです!!
 
さてお次は4月から新たに施行されるマスタールールについてです!!
 
もうご存じの方多くいらっしゃるとは思いますが、改めて簡単にざっくりご説明しますね!!
 
融合、シンクロ、エクシーズモンスターはEXデッキから召喚されるときEXモンスターゾーンに出さなくてもいいよ!!ってなりました。
 
え、リンクモンスターの意味…まぁとりあえずそれは後回しにしときます。
 
PモンスターがEXデッキから出る場合はEXモンスターゾーンまたはリンクモンスターのリンク先に特殊召喚してね!!
 
って感じにPモンスターのみを規制する感じになります。
 
じゃあ、リンクモンスターはほとんど消えるかと言われればそんなことはないと思われます。
 
メリットとして簡単にモンスターを墓地に送る事ができることや、リンクモンスター自体強力なカードが増えているため使われなくなるってことはなさそうです。
 
まぁほぼリンクの矢印の意味がなくなってますけどね。(Pを閉じ込める檻みたい)
 
クロシープみたいに矢印の先に特定のカードが出たら効果が発動するカードとか増えたりするんですかね?
 
いや増えてほしいな。
 
さてそれでは、4月からの新マスタールール活躍しそうなテーマをピックアップしたいと思います。
 
まずは、コチラ
 
・BF(ブラックフェザー)
 
BF-黒槍のブラスト.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シンクロテーマのこちら!!
 
連続特殊召喚からのシンクロモンスターを特殊召喚する様はまさに烏合の衆と言わんばかりです。
 
ただ気を付けたいのは、連続特殊召喚によってニビルの餌食になってしまう可能性があるので気を付けたいところです。
 
 
・ジェムナイト
 
ジェムナイト・ラズリー.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コチラは融合がメインのテーマです!!ジェムナイトフュージョンを使いまわしたりして連続融合が決められそうですね。
 
ブリリアント・フュージョンも織り交ぜてワンキルを目指そう!!
 
・超量
 
超量機神王グレート・マグナス.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
現行のマスタールールで扱いづらいテーマになってしまった不遇なエクシーズテーマ。新規追加があったものの猛威は振るわずといった感じ。
 
しかし、新マスタールールではついにEXデッキからモンスターゾーンに行けるから昔のように動けるぞ!!
 
フルパワーグレートマグナスでフィールドを圧倒しよう!!
 
・ドラグニィティ
 
ドラグニティアーム ミスティル.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いまだに根強い人気があるドラグニティ!!
 
ドラゴン族と鳥獣族という結構優遇されている種族をもっている高レベルモンスターとシンクロテーマ!!
 
ちょこちょこ新規とか貰ってるし新マスタールールで輝くかもしれないですね!!
 
もしかして、ドラグニティのストラクチャーデッキR来るんかな?
 
さらに強化されるとしたら期待値は高めですね。
 
・魔術師
 
EM天空の魔術師.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オメェーらPモンスターだろぉぉっぉ!!っと思った?
 
新マスタールールで唯一お許しがもらえなかった存在だろ!!ってなったでしょ?
 
しかしこれが大間違い、簡単に融合、シンクロ、エクシーズできるテーマが止まるわけがないって感じですよ。
 
考えてみそ?覇王眷竜たちがリンク先じゃなくてメインモンスターゾーンに出せるんですから。
 
特に出すの簡単な眷竜の方のスタヴとかね。おめーだよおめー…
 
そんな感じで緩い召喚条件の融合、シンクロ、エクシーズをどんどん取り込んでパワーアップしていきます。
 
まぁこれ以上魔術師、魔術師Pモンスターは増えないと思うけど…
 
Pモンスターテーマも出てこないのかな~出してほしいなぁ。
 
そしてここで言いたい事が一つあります!!
 
新マスタルールになったら…
 
『原始生命態ニビル』
 
原始生命態ニビル.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
超ぶっささるよねこれ
 
大量展開されたのちに隕石ドーーーンってすると全てが虚無になるべ。
 
今のうちに集めとくのありかもなぁ…
 
さぁというわけで今回はここまで!!
 
次回は次回こそは誰かのデッキを大公開したいどっかの誰か捕まえなくては!!
 
ちなみに、新マスタールールで復権しそうなテーマは次回以降も見つけたらご紹介していきます!!
 
次回もお楽しみに~!!
日時:2020.01.11 12:11 | 投稿者:大須万松寺通店 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

2020.01.07

メラルバ石川日記~季節外れだけど勢いとノリでゴリ押してけ編~

皆さんこんにちは!!またはこんばんは!!
 
2月の遊戯王の大きめのイベント参戦予定の広報担当メラルバ石川です!!
 
さて今回は!!万ホビスタッフのデッキ公開!!と行きたかったんですが...またも写真が撮れておりません!!(万ホビスタッフ実はシャイなのか~?)
 
なので、今回も予定変更して別のことについて書いていこうと思います!!
 
今月から施行の遊戯王の新リミットレギュレーションについて書こうと思います!!
(ホントは11月に書き始めてたけどなかなか書き終えれなかったとかじゃないよ?ホントよ?)
 
まずは
 
禁止カード
 
《トポロジック・ガンブラー・ドラゴン》
 
トポロジック・ガンブラー・ドラゴン.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まずは、ドラゴンリンクで大暴れしていた全ハンデスくんことトポロジック・ガンブラー・ドラゴンくん
 
前回制限からの今回はついに禁止になりました!!
 
これで先手取られて、手札が全て無くなることがなくなりましたね!!
 
まぁそれでもドラゴン族強いカードまだまだ残っているのであの手この手で攻め方を変えてやってくるとは思います。
 
 
《外神アザトート》
 
外神アザトート.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらは先手とってガンブラーに繋げる中間地点で活躍したこのカード…
 
召喚が成功したターン、モンスターカードの効果発動できなくなるという手札誘発のカードたちがお顔真っ青の効果を持っています。
 
先手でアザトートが着地して効果使えなくなるのは本当に何もできない状態に陥るのでこれまた今回一発禁止になりました。
 
今回の禁止はこちらの2枚となっております。
 
お次は制限カードです!!
 
緩和組ではなななななんと!!
 
《十二獣ドランシア》
 
十二獣ドランシア.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ついに!!禁止の檻から帰ってきました!!(1枚までだけど)
 
ドランシアは、同じ十二獣共通の十二獣Xモンスターの上に乗ることことができ、X素材を1つ取り除くことで相手のフィールドのカード"対象"にとって破壊することができます。
 
しかも何が優秀かってこの効果相手のターンにも発動できるという点ですね。
 
すでに、ドランシアを入れた構築のデッキが優勝したとのこと。
 
これおきに、様々なデッキへのいい出張パーツになりそうですね。(HEROに組み込めるかな…?)
 
規制組は…
 
《終わりの始まり》
 
終わりの始まり.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらのカードは、未開域暗黒界などのデッキに組み込まれ大量のドローを引き起こす引き金となりました。
 
墓地にいった暗黒界や、発見されてしまったUMAたちを使いながらドローし展開していく様はまるで強欲の壺を3投されたかの如しでした。
 
しかし、今回でそれが終わり1枚だけになってしまいました。
 
まぁでも未開域は全員生存ルートに入っているためまだまだ油断ならないですよ!!(あなたのすぐ側にUMAいたりなんてね♪)
 
にしても目が悪いからイラストが真っ黒のカードにしかみえやん。
 
制限カードも今回は2枚だけとなりました。
 
さぁ今回一番多いのこちら
 
準制限カードたち…
 
緩和組からいこか
 
《ベビケラサウルス》
 
ベビケラサウルス.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらは恐竜デッキには必須ともいわれたベイビー!!
 
最近の環境から恐竜が絶滅しており緩和の対象になったのかな?
 
なにはともあれ、恐竜愛好家は嬉しいに決まってますよね!!恐竜サンドラで次期環境をまた生き残って欲しいですね!!
 
《マスマティシャン》
 
マスマティシャン.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なぜ帰ってこれたご老人…
 
そんだけ、あとはわかるね?
 
《深海のディーヴァ》
深海のディーヴァ.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
次弾で、深海がテーマ化されるから緩和されたこの1枚
 
でもはたから見ると、今まで以上に簡単にハリファイバー立てられるやんってなってる。
 
おめでとう!!
 
《魔界発現世行きデスガイド》
魔界発現世行きデスガイド.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
9期やってなかった広報担当からするとなんでこの娘は制限だったんだろう?
 
彼岸とかと悪さ働いてたのかな?
 
この娘は、なんかス-パーノヴァに合わせるリゾネーターのために復活でもしたんかね?
 
これからどんなデッキに加わるのか楽しみな1枚です♪
 
《ユニコールの影霊衣》
 
ユニコールの影霊衣.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
前回からの流れで、ネクロス緩和の波に乗ってユニコールが舞い戻ってきましたね。
 
この子は何をするかというと、ターン1で手札からユニコールを切ると墓地にある影霊衣カードを一枚サルベージできちゃいます!!
 
また、このカードがモンスターゾーンに存在する限りEXデッキから特殊召喚された表側攻撃表示モンスターの効果は無効化されるという超強カード!!
 
え…これ本当に2枚積んでええんか?(ドン引き)
 
これで、影霊衣も環境に返り咲く事ができるか楽しみなところではありますね!!
 
さて、お次は規制組を見ていきましょう!!
 
《闇の誘惑》
 
闇の誘惑 スーパラ.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらは、言わずと知れた超知れた優秀なドロソです!!
 
2枚ドローしたのちに、手札の闇属性モンスターを1枚除外する、または捨てられるモンスターがいなかった場合手札をすべて除外するという効果です。
 
現環境では、闇属性モンスターが多いのでめちゃくちゃ色んなデッキに入ってました。
 
サンドラ、未開域暗黒界などなど環境デッキを筆頭に入るデッキが無限にありました。
 
たぶん今回準制になったのは、未開域暗黒界のせいなんだろうなぁ...
 
 
《精神操作》
 
精神操作 スーパラ.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
制限カードになったり、無規制になったり忙しいこのカード!!今回は準制限だ!!
 
まぁ、相手のモンスターのコントロールを奪えるのは流石に強いよね。
 
今回は環境でしようされていた転生炎獣のミラーマッチ等で投入される事が多く目立った活躍を残しました。
 
まぁ、転生炎獣規制のための生贄にされたんでしょうな。
 
《転生炎獣の炎陣》
 
転生炎獣の炎陣.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
炎陣は転生炎獣の優秀なモンスターサーチカード!!
 
しかも速攻魔法というこのカードの時点で本当に良いカード!!
 
しかも取って付けたかのように転生リンク召喚したモンスターに耐性を付与する効果もう山盛りマウンテンって感じ。
 
《閃刀機関-マルチロール》
 
閃刀機関-マルチロール.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(1):1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
このターン、自分の魔法カードの発動に対して相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
さらに、対象のカードは墓地へ送られる。
 
(2):自分・相手のエンドフェイズに発動できる。
このターン、このカードが表側表示で存在する間に自分が発動した
「閃刀」魔法カードの数まで自分の墓地の「閃刀」魔法カードを選び、
自分フィールドにセットする(同名カードは1枚まで)。
この効果でセットしたカードはフィールドから離れた場合に除外される。
 
これがマルチロールの効果です。
 
自身のカード割らないといけないけど閃刀姫-レイに撃ってレイの効果をチェーンすれば回避できるという…
 
しかも、このターン魔法発動を邪魔されないという。
 
うむ強いなぁ強い…
 
閃刀機と戦ったことないから実感が湧かないや。
 
《レッド・リブート》
 
レッド・リブート.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ライフを半分使って手札から使えて相手の罠を無効にしてそのまま伏せれるカード…
 
しかもデメリットで、相手に好きな罠カードをデッキからセットさせちゃう。
 
強いのか?どうなんだ?
 
泡影やらなんやらに打つのかな?オルターガイストには有効札ではあるけど他になんかあるんじゃないか?
 
でも、相手の発動に対して打ててそのターン罠発動できなくなるからええのか。
 
なんが私的には別に無制限でも良いのでは?と思ってしまった1枚です。
 
次ぃいいいい!!
 
《オルターガイスト・メリュシーク》
 
オルターガイスト・メリュシーク.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
直接攻撃できるこちらのカード打点なんとたったの500!!無茶低い!!
 
と思ったでしょ?私も思いました。
 
しかし、こいつ戦闘ダメージあたえると相手フィールドのカード1枚墓地に送る事ができるんです。
 
さらに、メリュシークが墓地に送られるとデッキからメリュシーク以外のオルターガイストモンスターをサーチできる能力付きです!!
 
ホントにね、メイン2でリンク素材にして発動できるのやばない?
 
改めてオルターガイスト強いなぁってなった。
 
《オルフェゴール・ガラテア》
 
オルフェゴール・ガラテア.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今環境も衰えを見せないオルフェゴール!!
 
リンク状態時は破壊耐性を持ち、除外された機械族モンスターをデッキに戻しつつオルフェゴール魔法・罠カードをサーチできちゃいます!!
 
モンスターを再利用しつつサーチを行えるこの1枚しかもリンク2だしオルフェゴールモンスター特殊召喚簡単だし使い終わったらリンク3に変えれるし必須だよね。
 
ただ三枚も入れなさそうだから、そこまで痛手ではない感じですかね?
 
《オルフェゴール・ディヴェル》
 
オルフェゴール・ディヴェル.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
墓地のディヴぇルを除外することで、デッキからディヴェル以外のオルフェゴールモンスターを特殊召喚できます。
 
オルフェゴール汎用モンスターなので3枚は欲しかったなと思う。いやいるこれは3枚入れて初動で必ず欲しい。
 
《雷獣龍-サンダー・ドラゴン》
 
雷獣龍-サンダー・ドラゴン.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
前回に引き続きサンドラは規制の波に呑まれまくってますね。
 
効果は、手札から捨てたときに墓地または除外ゾーンから雷獣龍以外のサンダー・ドラゴンカードを手札に加える効果持ち。
 
これでどこからでも雷鳥龍や超雷龍を回収して使い回すことができます。
 
しかも、フィールドから墓地に送られた時または墓地から除外された時に、デッキから雷獣龍以外のサンダー・ドラゴンモンスターを守備表示で特殊召喚できるんです。
 
これで制限の雷鳥龍をデッキから持ってくることまで可能にする一枚でした。闇の誘惑からでも発動できるから強いね!!うん
 
エンドフェイズに特殊召喚したモンスターは手札に戻りますが、次のターンの手札から捨てる効果が使えるので実質デメリット無しとも捉えれますね。
 
でもしかし、今回で2枚になってしまい雷鳥や超雷を戻しずらくなってしまいました。
 
でも新リミ発表前から2枚入りのデッキとかもあるから大丈夫そうなのかな?でもやっぱり3枚あるに越したことはなかったですね。
 
 
それでは今回はここまで!!
 
次回は制限解除カードと、4月からの新ルールで活躍しそうなデッキについて書いていきます!!
 
次回もお楽しみにー!!
 
そういえばパズドラ遊戯王コラボ来てたからシャーマンキングコラボ以来のキャラフルコンプさせちゃいました(ちょっとした嬉しいこと)
 
日時:2020.01.07 16:32 | 投稿者:大須万松寺通店 | コメント:(0) | トラックバック:(0)