トップページ  > 店舗一覧 > 横浜店 > 横浜店ブログ  > 【MTG】先週値段の上がったカード総集編&第12回「趣味のFPS」

直営店 横浜店 スタッフブログ

Loading
2017年 07月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カード公式サイトもチェック

※ホビステ以外のサイトにリンクしています

ホビーステーション
横浜店

  • 写真1
    〒220-0005
    神奈川県横浜市西区南幸2丁目14番6号 横浜南幸NYビル3F
  • 営業時間平日:12時~21時 土日祝日:11時~20時
  • 電話045-314-1618
  • FAX045-314-1618
  • 定休日無し
  • 店長進士店長

横浜店
イベント・大会情報

イベント・大会開催中! 採用情報

2017.07.03

【MTG】先週値段の上がったカード総集編&第12回「趣味のFPS」

どーもみなさんおはこんばんちわっ。最近船舶免許に受かりました!今年の夏は自分で運転して友達とクルージングの横山です。

先週からハッシュタグ「#横ホビ買取上がったってよ」でツイートしているのですが、ブログではその総集編でも行いたいと思います。

eikou.jpg

《栄光半ばの修練者》も《戦慄の放浪者》もどちらも素早い動きを信条とするウィニー系デッキに搭載され易いカードです。
ウィニーは序盤からマナレシオを超えるクリーチャーを並べる事で、そのまま戦いを押し切る先行逃げ切り系のデッキ。素早いゲーム展開が好きな人にはぴったりなデッキですね。白には《永遠の見守り》、黒には《リリアナの支配》等の+1/+1をするロードと併用する事で、後半に出てくる大型クリーチャーにも負けない攻撃力を維持しながら走りきる事が出来ます。

ririana.jpg

《リリアナの支配》は現環境で猛威を振るっているゾンビデッキのサポート兼フィニッシャーカードです。これのおかげで計算が大きく崩れた人も多いはず!!
《植物の聖域》はカラデシュに収録されている「対抗色ランド」のサイクルの一枚です。特別これだけ売れる確たる理由は不明ですが、《ならず者の精製屋》を始めとした青緑のアドバンテージカードを中心に据えた長期戦デッキが密かにブームになってきているのかも知れません。

sentei.jpg

《選定された行進》が売れるという事は遂に白緑系のトークンデッキに日の目が当たり始めたという事ですね。現状で横並び系で猛威を振るっているのはゾンビデッキですが、メタゲームによっては十分に食い込む余地がありそうという事ですね!
《栄光をもたらすもの》はとても不幸なカードです。カードのテキストは非常に強力ですが、『戦乱のゼンディカー』と『イニストラードを覆う影』ブロックに《大天使アヴァシン》等の制空権を取りやすいカードが多い為、活躍の場を奪われています。
来週発売の『破滅の刻』の次の『イクサラン』が発売されればゼンディカーとイニストラードがローテーションする為、今からこっそりカードを集めて置くのが賢い買い方かもしれませんね。

yogenn.jpg

《予言により》と《イフニルの魔神》は先週というか、つい昨日値段が上がり始めたカードです。原因は目下調査中ですが、どちらもまだまだ安く手に入るチャンスがあるので、安いうちに抑えて置くのが吉だと思いますよ!

こんな感じに、ツイッターではなるべく毎日更新でその日価格を変更したカードを上げていきたいと思いますので、是非フォローをお願いします!→「ホビーステーション横浜店ツイッター」https://twitter.com/?lang=ja

 

・・・・それでは全国2兆6千万人のFPSファンに送る「FPSの雑談」のお時間がやってまいりました。

Rainbow-Six_compressed.jpg

今回はレインボーシックスの大きな三つのルールをお伝えしたいと思います。
・・・普通に考えたらオペレーターの紹介をするよりも先に書くべきでしたねw

現在のシージで採用されているマルチプレイルールは以下の3つです。

・人質
・爆弾
・エリア確保

どのルールでも相手チームを全滅させれば勝利となりますが、全滅以外でそれぞれのルールと特性を解説していきたいと思います。

・人質

攻撃側は、ポイント配置されている人質を回収地点まで連れ帰る事が目標です。

hitojiti.jpg

最大の特徴は『目標が生きている』という事。誤射やフラググレネード等でダメージを負わせてしまった場合は、キルをしてしまったチームの負けとなります。
その為、攻撃側はその行動を大きく阻害される事になり、防衛側が比較的有利なルールです。
一方で人質が回収された場合は即座に負けに繋がりやすいので、ポイント内に1~2名は必ず籠っていないと簡単に負けてしまいます。その為、あまり広く守る事が出来ないので攻撃側はポイントに詰めやすいです。
 

・爆弾

攻撃側は隣接するポイント2か所に設置された爆弾のどちらかをディフューザーと呼ばれる機械を設置して解除するのが目標です。

bakudann.jpg

他のルールと比べて守る場所が2か所と言う事で、防衛側はある程度広く守る必要が出てきます。また、攻撃側もクリアリングする箇所が普段よりも多くなる為、味方との連携や意思統一が極めて重要です。その為、大会やプロリーグなどで主に採用されるルールでもあります。

攻撃側は爆弾のあるポイントに侵入した後に「ディフューザー」と呼ばれる機器を設置して爆弾解除を行います。これは設置後すぐに解除されるのでは無く、設置後に40秒程度ディフューザーを守り切れば勝利となります。
防衛側は設置されたディフューザーを□ボタン長押しで4回叩くアクションをすれば解除を阻止して勝利する事が出来ますが、結構長い時間無防備になるので敵が全滅した後か、仲間にカバーして貰いながらで無ければ非常に危険です。

ラウンドの中で、攻守が入れ替わる部分が非常にエキサイティングなルールです。観戦側も楽しいので、是非大会動画等を見ることをお勧めします。

・エリア確保

攻撃側がバイオハザード物質が格納された部屋を一定時間制圧すれば勝利となります。

Area.jpg

FPS界では「コントロール」と呼ばれるルールで。目標ポイントから敵を押し出して一定時間エリアを確保する為の戦闘となります。守るポイントは1か所、かつ人質の様に誤ってキルする事が無い為、攻撃側はフラググレネード等の投げものを使用したり制圧射撃等でかなり強力にポイントに圧をかけてきます。
その為防衛側は遊撃に出やすく、1対1の打ち合いが発生しやすいのが特徴です。エイムに自身のある人には向いているルールですね。

個人的には自由度が高く、得意というか好きなルールです。足の速いオペレーターを使って裏取りしてキルを沢山取るのは楽しいです。

如何でしたでしょうか。

現在2年目のシーズン2ですが、今のところは全てのマップでこの3つのルールが存在しています。
マップは同じでもルールによって攻め方や守り方にかなり差が出てくるので飽きることなく楽しくプレイが出来ています。

これを読んで少しでもレインボーシックスに興味が出てくれると嬉しいです!

それではまた次回!

日時:2017.07.03 16:51 | 投稿者:横浜店 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

コメント(0)

コメントを投稿

 

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hbst.net/cgi-bin/mt5/mt-tb.cgi/59000