トップページ  > 店舗一覧 > 横須賀中央店 > 横須賀中央店ブログ  > 【デュエマ】モルトNEXTを信じろ~伝説のレジェンドドギラゴンについて~

直営店 横須賀中央店 スタッフブログ

Loading
2017年 08月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カード公式サイトもチェック

※ホビステ以外のサイトにリンクしています

ホビーステーション
横須賀中央店

  • 〒 238-0007
    神奈川県横須賀市若松町1-5 横須賀プライム3F
  • 営業時間10:00~20:00
  • 電話046-821-3008
  • FAX046-821-3008
  • 定休日年中無休(ビル休館日を除く)
  • 店長高橋店長

横須賀中央店
イベント・大会情報

イベント・大会開催中! 採用情報

2017.08.31

【デュエマ】モルトNEXTを信じろ~伝説のレジェンドドギラゴンについて~

 

こんにちは、横須賀モルネク担当です。

今回もモルネクパーツについて書いていきたいと思います。

 

【伝説のレジェンド ドギラゴン】

伝説のレジェンドドギラゴン2.jpg

メガ・コマンド・ドラゴン/革命軍/ハムカツ団

8コスト パワー14000 T・ブレイカー スピードアタッカー

登場したターン、アンタップしたクリーチャーをアタック出来る

自身がバトルに勝った時、次の自分のターンの始めまで敗北回避付与

 

革命編から革命Fまでのパワーラインインフレの結果となった悲しきドラゴン。

8コスト帯においてこのカードパワーは相当なものです。

自身の効果で全て自己完結しており、アンタップキラー、それにより敗北回避、強大なパワーと、何を意識して誕生したのか明らかです

それこそ【時の法皇 ミラダンテⅫ】【轟く侵略 レッドゾーン】【蒼き団長 ドギラゴン剣】の三枚です。

時の法皇ミラダンテⅫなど.jpg

(パワーに注目)

革命編一弾に登場した「レッドゾーン」は、今までの遥か上を行く登場スピードとパワー、除去効果を持ち、一枚で環境を大きく揺らがしました。

また「レッドゾーン」はかなり多くのデッキタイプを持ち、未だに【異端流し オニカマス】【正義の煌めき オーリリア】等と組み合わせる事で環境に適応してきました。

異端流しオニカマス.jpg

モルネクは、自身より早く対処しづらいクリーチャーを出され、速攻を決められるのは大の苦手。レッドゾーンを出されそのままゲームエンドなんて事も少なくありません。

革命Fで登場した「ドギラゴン剣」も同じです。革命チェンジ元とフィニッシュ札さえ確保出来るデッキであればどんな形式でも完成するその自由度と、多色カードが多くなった今ではもはや制御のきかないトラックの如く環境をいつまでも駆け抜けます。

「ミラダンテⅫ」においてはパワーラインがドギラゴン剣より1つ低いものの、F革命により7コスト以下が召喚出来なくなるためモルネクにおいてかなり厄介な制限がつきます。ミラダンテⅫからミラダンテⅫに革命チェンジを繰り返されたらたまったものじゃありません。

 

そんな弱点を全て制覇し、大きく勝利へと踏み込んでくれる一枚が【伝説のレジェンド ドギラゴン】なのです。

8コストでミラダンテⅫのF革命をかわしつつ、12000~13000ラインを突破、そして敗北回避という全て一枚で解決してしまう強力カードの象徴です。

また、6マナあれば【フェアリー・ギフト】や【スクランブル・チェンジ】で一歩早く登場出来る点も評価が上がります。

 

●相性の良いカード●

 

【怒英雄 ガイムソウ】

怒英雄ガイムソウ.jpg

火マナ武装7で手札から火のクリーチャーを場に出し、ターンの終わりに手札に戻すカード。この効果でレジェンドドギラゴンを使いまわす事によりアンタップキラーを2ターン継続で行えるという相性の良い動きを見せます。

 

【フェアリー・ギフト】【スクランブル・チェンジ】

フェアリーギフトなど.jpg

先に述べた通り、レジェンドドギラゴンを早く出す事により一気にビートダウンに対しての制圧力が上がります。

不要になったら革命チェンジに繋げたり、T・ブレイクしたりして打点として使えます。

 

【爆殺!!覇悪怒楽苦】

爆殺!!覇悪怒楽苦2.jpg

ハードラックのSSTでレジェンドドギラゴンをめくりバトルを誘発する事で敗北回避効果を発動させ、相手が勝てない状況を無理矢理作りだせます。

コスト8以下になるよう好きな数破壊する効果もあるので防御面はカンペキです。

 

構築については2~4と幅広く投入が検討出来ますが、速攻対策&8コストの【永遠のリュウセイ・カイザー】と比べると、相手の場にクリーチャーがいなければ敗北回避出来なかったり、ハンデスに対しては着地前に捨てられてしまうため少し厳しいという点があるのでリュウセイとどちらを優先すべきか環境をみて選ぶ必要があります。

 

レジェンドドギラゴンについては今まで多く話して来たので今回はこのあたりで終わります。

次回は【メガ・マナロック・ドラゴン】についてお話します。

メガ・マナロック・ドラゴン2.jpg

「欲張り野郎はまたみてね!」

 

日時:2017.08.31 14:14 | 投稿者:横須賀中央店 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

コメント(0)

コメントを投稿

 

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hbst.net/cgi-bin/mt5/mt-tb.cgi/59641