トップページ  > 店舗一覧 > サンライズ蒲田店 > サンライズ蒲田店ブログ

直営店 サンライズ蒲田店 スタッフブログ

Loading
2018月 07月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Tag cloud

カード公式サイトもチェック

※ホビステ以外のサイトにリンクしています

ホビーステーション
サンライズ蒲田店

  • 〒144-0051
    東京都大田区西蒲田 7-49-10 ナヲミビル2F
  • 営業時間年中無休
    平日12:00~21:00
    土日祝11:00~21:00 です。
  • 電話03-6424-4070
  • FAX03-6424-4070
  • 定休日無し
  • 店長上野店長

サンライズ蒲田店
イベント・大会情報

イベント・大会開催中! 採用情報

2018.06.18

【WIXOSS】格安!スターター奇数グズ子!②

~前回までのあらすじ~

スタッフのオカダは、WIXOSSを色々な人に初めて欲しい為“格安!スターター奇数グズ子”なる物を作り上げる!そして「次回は、“応用・さらに安く!・アーツの改善”」などを書くと宣言するものの、はや前回アップしてから約2週間も更新しない始末!・・・本当にごめんなさい。・・・が!“オカダ”もただ単に遊んでいたり漫画を読んだり、パソコンとにらめっこしていたわけでは無いのだ!ちゃんとデッキを作り!大会に出て使用感を確かめたりしていたのです!そしてその先にたどり着いた結果は・・・!

 

あーやキーいるかな・・・あと【グレイブ・アウェイク】で【超罠 J・リッパー】出すのは良いけど、偶数のシグニを“-5000”だけってねぇ・・・勝てなくはないけど、大会向きではないなぁ・・・どの試合も【イノセント・ディフェンス】があれば勝てる試合ばかりだった・・・(白目)」

 

結果:負けをパワーカードのせいにする情けない感情が芽生えました。

 

前回のブログはコチラ

http://www.hbst.net/shop/sunrisekamata/2018/05/wixoss-76.html


 

さて、オカダ君は大会で無様に負けましたが、この結果を見て挫けてはいけません!なぜなら!はなっから入門デッキで、尚且つ!楽しく遊べるデッキをコンセプトに作ったからなのです!

てなわけで、前回の予告通り “応用・さらに安く!・アーツの改善” について書いて行きますよ!

まずは【応用編】です!

と言っても、何が応用なの?何を変えれば?となると思います。

まずは、前回紹介した。【幻怪 ドアーフ】で例えて見ましょう。”幻獣ドアーフ”は、「アーツを使ったターンにこのシグニがアタックすれば、“1枚ドロー”と“1エナチャージ”」が出来ます!

これだけ聞くと「だからなにさ、緑のカードだし使わないだろ!」となるかもしれませんが、良く考えてください!【インサイダー・サルベージ】は“2エナ”でトラッシュからシグニを回収しますよね?それも“黒のシグニ”を回収すれば何度だって使えます!これに“幻怪 ドアーフ”を合わせてみてください!

インサイダー・サルベージ”を使ったターンのアタックフェイズに“幻怪 ドアーフ”がアタック出来れば・・・!【1枚ドローしつつ、トラッシュから1枚シグニを回収!尚且つ1エナチャージ】出来て、実質1エナで2枚手札が増えてるのですよ!

ようは、色々なカードを使ってコンボみたいな動きを作っていくと効率的に動いて行けますよ!っていう話なのです。そしてバニッシュされた“幻怪 ドアーフ”ですが、使い道に少し困りますよね・・・無色エナを使うという方法も取れますが、せっかくなら有効活用できるようなカードも入れてみましょう!

現状、キーセレクションでは色の固定が厳しいので無色エナを使う状況が少ないです・・・ですので、思い切って“幻怪 ドアーフ”と同じ【緑のカード】を採用してみましょう!

*僕が1分ぐらいで探した限りの緑のカードなので他にもあると思います。あくまで上のカードは例だと思ってください。まだカードが少ないので選択肢がまだ狭いですね・・・

カードの色が違えば、働く役割もある程度変わってきます。【黒のカード】なら“パワーマイナス”や“バニッシュ”・“トラッシュからシグニを出す”などですが、【緑のカード】は“バニッシュ”などもありますが、“ライフの回復”などもあります!

グズ子”は、デッキの一番上のカードを操作するのが得意なルリグです!これでデッキの上を操作して・・・ライフに加えられれば・・・!好きなライフバーストを持つカードをライフにできます!

勿論、それだけが全てではないので、さらに相手のシグニをバニッシュする手段もアリです!ドンドン攻めていきたいときには、バニッシュ系の方が合うでしょう!

ここまでの話で【応用・アーツ】の改善を含めてやってしまった感がありますが、デッキ構築はルールに沿えば、自由ですので色々なカードを採用して試行錯誤していきましょう!負けても“Try&Error”精神です!

さて、最後に残ったのは【さらに安く!】の項目ですが、正直な事を言いますと・・・

僕が使った感覚から行くとこれ以上安くしたら、フリー対戦ですら勝てるか怪しくなりそうなので、一番マシな改善方法だけ載せておきます・・・本当にオススメしません・・・そして、その改善方法がこちら。

ドント・リブミー】を【ドント・ムーブ】に変えてしまおう作戦です!

ドント・リブミー”と“ドント・ムーブ”の効果は大変よく似ています。

どっちも【シグニをダウンする効果】なので防御アーツの役割ですね。この2つの違いと言えば、“ドント・リブミー”は【1エナで1体をダウン出来て、コインを使えば2体ダウンできます。】“ドント・ムーブ”は【3エナと少しエナが必要だけど、確実に2体ダウンできます。コインもいりません。】

もし、前回紹介したデッキから、“ドント・リブミー”を抜いて“ドント・ムーブ”を採用した際には、他も少し変えなければいけません。それは以下の点です。

①今の構築だと【マルチエナ】が少ないのでサーバントを増やさないといけません。

コインを5枚使う前提の構築になっていて、“ドント・リブミー”を抜くと計4枚しか使わないので、“Lv1かLv3のグズ子”を効果の無い“グズ子”にしないといけません。

以上の点をクリアできれば大丈夫ですが、現状でもキツイので・・・ねぇ・・・

と言う訳で、少しだけ安くなる方法でしたw

 

そして今回のブログはここまでです!今回紹介した【応用・アーツ改善】に使えそうなカードを載せておくので、是非考えて見てはいかがでしょか!(ほぼ答えが出きっているので問題にもならなそうですけど・・・)

さて、次のブログは多分ですが【タマ】のブログになると思います!“グズ子”のブログは変化があり次第の更新となりますので、3弾発売の時に更新するかなぁ~ぐらいだと思っていてください!

ここまで読んでいただきありがとうございました!次の新弾FULL SCRATCH】の発売日は朝7時から開店ですので是非!学校・会社に行く前などにご利用ください!皆様のご来店お待ちしております!

日時:2018.06.18 17:30 | 投稿者:サンライズ蒲田店 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

2018.06.07

お楽しみは、これからだ!!

 

皆さん、こんばんは。

スタッフのサトウです。

 

レジェンドデュエリスト編3の

最期のライバル枠が判明しましたね。

まさかの沢渡さん!!

 

 

(赤羽社長だと思っていたのに…!)

個人的には黒咲さんが好きだから

RRの新規を期待してたんですけどねー。

私は新規が来ると信じてます。

 

 

本日のブログは

新規をもらった魔界劇団のデッキを組んでみたので

紹介してみようと思います。

 

【メインデッキ】

魔界劇団ビッグ・スター×2

魔界劇団メロー・マドンナ×2

魔界劇団ワイルド・ホープ×3

魔界劇団サッシー・ルーキー×3

魔界劇団ティンクル・リトルスター×3

魔界劇団カーテン・ライザー×1

魔界劇団コミック・リリーフ×2

魔界劇団エキストラ×3

増殖するG×3

 

魔界台本「オープニング・セレモニー」×2

魔界台本「火竜の住処」×2

魔界台本「魔王の降臨」×2

魔界台本「魔界の宴它女」×1

魔界台本「ファンタジー・マジック」×1

魔界台本「ロマンティック・テラー」×2

魔界劇場「ファンタスティックシアター」×3

 

魔界劇団のカーテンコール×1

神の通告×2

メタバース×2

 

【エクストラデッキ】

リンクリボー×1

ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム×3

見習い魔嬢×2

ヴァレルロード・ドラゴン×1

トロイメア・グリフォン×1

覇王眷竜スターヴ・ヴェノム×1

覇王眷竜ダーク・リベリオン×1

No.39希望皇ホープ×1

SNo.39希望皇ホープ・ザ・ライトニング×1

外神ナイアルラ×1

外神アザトート×1

深淵に潜む者×1

 

 

 

こんな感じで作ってみました。

ホントは《灰流うらら》とか《無限泡影》

《墓穴の指名者》なども入れたかったのですが、

魔界劇団に興味を持ってもらえることを

テーマにして組んでみたので

汎用カードはあまり積まずに

魔界劇団を楽しめそうな構築にしてみました。

 

見習い魔嬢でエクシーズ素材にした魔界劇団を回収したり

闇属性のエクストラモンスターを回収するのもありですね。

魔界劇団がPテーマなのでエクストラモンスターを回収するのが強そうですね。

ライトニングは打点要因ですね。

アザトートは墓地効果のあるモンスターや手札誘発を使わせないために入れてます。

 

採用はしてませんが、魔界の警邏科の

警邏カウンターを相手モンスターの置いて戦闘耐性を持たせて

ファンタジー・マジックでバウンスするなどいろいろできると思います。

魔界劇団は闇属性Pモンスターなので覇王眷竜との相性も良く、

スターヴ・ヴェノムでエレクトラムをコピーする魔術師お馴染みのコンボもでき、

第二の打点としてダーク・リベリオンも有効ですね。

ダーク・リベリオンなどを見習い魔嬢で回収すると

打点の高さを継続していけますね。

採用した理由はこんな感じですね。

リンク帯の採用は

ペンデュラムの展開をサポートできる斜め下に向いてるリンク2

ヴァレルロードで打点確保や、コミック・リリーフの効果を誘発。

 

参考になれば幸いです。